医療系大学進学を目指すのに必要な情報を提供するサイト

医療系大学に入るためにはまず何をしたらいい?

大学進学にはまず何をすべき?

「そもそも、医療系大学って、医学部とかと何が違うの?」
そんな疑問が浮かんでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ここでは、医療系大学についての基本情報を皆さんにお伝えしていきますね。

医療系大学は、基本的には普通の大学となんら変わりはありません。
しかし、一般的な大学ですと、文学部や法学部、理学部や工学部など様々なジャンルが合体した大学であるのに対して、医療系大学は、看護師はもちろん、理学療法士や、臨床工学技士または診療放射線技師などの資格を必要とする人々を養成することが大きな目標である大学なのです。
医療に特化した大学といえるでしょう。
学ぶ内容は、一般教養など、他の大学と同じことを学んでいきますが、このような医療に特化した大学では、「実習」がおそろしく多いのです。
「実習が多いって、面倒なんじゃない?」
確かに、実習はほかの病院での研修や、自分で考えて動かなければならないので、体力的にも精神的にも辛いことがたくさんあるようです。
しかし、医療に携わるということは、人の命を預かるということなのです。
しっかり実習で練習し、様々な場合を想像し、先生から学ぶことで、いざというときの判断を確固たるものにすることができるのです。

このような医療系大学に進学したい!という方は、進学に役立つ情報を提供していきますので、これ以降の記事もぜひ確認してみてくださいね。
受験のことから何でもサポートできるように、たくさんお伝えします。

医療系大学とは?基本情報

医療系といっても、大学は大学なのです。 どのように進学するかといえば、受験をしていくことですね。 ここでは大学受験に共通する大事な情報を、みなさんにわかりやすくお伝えしていきます。 受験の方法も千差万別。 あなたにあいそうな受験の方法を選んでくださいね。

勉強以外でも重大なこと!

受験勉強だけじゃなくて、大事なことはたくさんあります。 例えば、志望校の研究! 勉強だけしていればOK!などという甘い話はありません。 ここでは、医療系大学を目指す皆さんに、勉強以外でも気を付けてほしいことをまとめましたので、ぜひ一度確認してみてくださいね。

どうやって対策を立てるのか

では、大学進学をしていくうえで、受験勉強が必須ということは皆さんもご存知であると思います。 しかし、「どうやったら勉強を上手くできるのかな?」と不安な方もいらっしゃると思います。 ここでは、受験勉強のいろはについてお話していきますので、いったん自分の勉強法について見なおしてみましょう。